建築士の仕事内容について解説!

建築士の仕事(構造設計編)

建築士の行う仕事のうちの一つとして、構造設計があります。構造設計とは建物の外観や内部の概略を決める意匠設計に対し、実際にその建物が建った場合に地震や台風などの自然災害でも倒れないほどの強度をもっているのか(構造的に建物が安全なのかとうか)を計算して設計を行うことをいいます。

また、自然災害だけではなく、日常的なこと(降雪による雪の重みや、建物自体の荷重に対して)にも耐えられる建物であるかどうかを計算します。

構造設計に使われる方法で一般的なものは「許容応力度設計」と言われる方法で、建物の自重に対して家具や人の重みを想定して荷重を加えたり、地震力や風圧力といった数値が加わった場合にどうなるかを計算し、それに耐えられるように梁や柱の形状や材料を決定していきます。

許容応力度設計のほかにも構造設計の方法は様々ありますが、いずれにしても複雑な計算を行わなければいけませんので、現在ではほとんどをパソコンのプログラムを用いて計算しています。

しかしパソコンで計算するといっても、そのパソコンに数値を入力するのはもちろん人が行いますから、ある程度専門的な知識が必要となってきます。あると程度の規模以上の建物の構造設計を行うためには構造設計一級建築士の資格を自らとるか、構造設計一級建築士の確認をうけることが必須条件です。

以前は一級建築士ならだれでも構造設計もできていたのですが、平成17年に一級建築士によるマンションの耐震偽造事件が起こってから以降は構造設計一級建築士だけが構造設計を行えるものとされ、建築士法が厳しくなりました。

一級建築士の試験自体も毎年難しくなってきていますが、更に構造設計一級建築士になるためには、一級建築士になったのちに5年以上構造設計にかかわる仕事について働き、構造設計一級建築士講習を受けたのちに終了考査に合格する必要があります。

更に構造設計一級建築士となった場合には定期講習(3年ごと)を受けることが義務付けられています。建物のデザインなどの大まかな内容を決定するのが意匠設計ですが、それに対して実際にその建物を建てるためにはどうすればいいのかを計算するのが構造設計です。

地震や台風などに負けない頑丈な建物をつくるために構造設計は欠かせないものです。どんなにパソコンのプログラムが進歩したとしても最終的に肝心な部分は人の手によって行われていきますから、構造設計を行えるプロの存在は必要不可欠です。

©2016 建築士の仕事内容について解説!